犬の全てがここに

犬のきもち

他の犬種と比べてみると…。

投稿日:

特に大勢の人たちに愛犬となっているチワワです。けれど。しっかりとしつけができないせいで、お手上げ状態の飼い主のみなさんがたくさんいらっしゃるのが実際のところです。
犬を飼い始めたころは、しつけ方法を知らずに吠える、あるいは噛む、に悩んだ経験があります。大切な犬が、私に対して吠える上、噛みついても来る、ひどく惨めな思いをしました。
子犬のうちに引き取って飼っていたというのにもかかわらず、ラブラドールのしつけに音を上げてしまった方は、「死に物狂いで頑張る」と決意して、投げ出すことなくしつけをしましょう。
もしも、叱ったりせずにしつけたいと考えて、おとなしくさせるためにラブラドールを抱くとか、頭をなでたりすることはいけないと覚えておきましょう。「飛びつきさえすれば遊んでもらえる」と誤認するらしいです。
散歩中の拾い食いをした時のしつけについては、犬に何か言うことをしがちですが、そうではなく飼い主のみなさんが絶対に慌てたりせずにリードのコントロールをするのが効果的です。

他の犬種と比べてみると、トイプードルは上位クラスの聡明さがあって、朗らかな性質です。飼い主に忠実で懐きやすく、豊かな感性があり、良い反応力を持っているので、しつけをしても確実に身につくでしょう。
可愛いと思って、小型犬のミニチュアダックスフンドを子犬として飼い始めたものの、愛犬のしつけトレーニングは見当が付かない、といった話なんかをかなり聞いたりします。
正しくしつけがされていなければ、散歩に関しても主人を引っ張って歩いたり吠えてみたりと、問題行動が出てくると思います。トラブルなどを起こすのは、上下関係が誤ってしまっているからだと思います。
犬というのは、成犬の歯になる頃の子犬たちが、かなり腕白だと思います。ちょうどこのころに正しくしつけを済ませるようにすることをお勧めします。
子犬である時がしつけるのには一番いい時でしょうね。人がそうであるように、生後から何年も経って成長してしまった成犬よりも、幼い犬たちのほうがしつけに適しているのは、自然なことだと考えます。

トイレに始まり、噛み癖まで、子犬期に出来る限りじっくりとしつけを行なって立派な成犬になるために、飼い主さんが上手に手をかけてあげることです。
一通りのしつけというものは必要だと思ってください。通常は初歩からのしつけをしてあげると、ラブラドールは飼い主の言うことを良く聞く成犬として育つと思います。
みなさんも、噛み癖のある犬のその理由を知って、今までやってきた間違いばかりの愛犬のしつけを最初からやり直して、困った噛む癖をしっかり克服していくことをお勧めします。
普通、ポメラニアンは賢い犬ということもあって、幼児期にしつけすることは可能です。家庭では全般的なしつけは、生後6か月ごろまでに実行するのが良いでしょう。
時には、噛む犬のしつけをしていのに、噛まれるかもしれないから怖い、というケースがあると思います。または、ヒステリックになったり驚かされて、愛犬を叩いたこともある人もいるでしょう。

-未分類

Copyright© 犬のきもち , 2017 AllRights Reserved.