犬の全てがここに

犬のきもち

特に人気があって飼われるチワワの場合…。

投稿日:

ポメラニアンというのは、しつけをされつつ徐々に関係を深めることを楽しむ犬です。子犬のころに怠ることなくしつけることが必要です。
一般的な犬にとっては、噛むような行為も愛情表現であって、幼いころに甘噛みしますが、そんな時に意識的にしつけられないと、噛み癖も続いてしまうと言います。
特に人気があって飼われるチワワの場合、上手にしつけることができないで、責任を果たせないでいるオーナーさんが大勢いるのが実際のようです。
チワワオーナーさんのしつけの難点として、「吠えてうるさい」ということが言われます。外で他の犬などにひどく吠える行為を行うなど、飼い主もどうしようもできない犬がいると思います。
飼い犬が無駄吠えすることをやめた時、褒美や賞賛の言葉をあげましょう。無駄吠えを止めるという行動とその報いを合せて、覚えてくれるそうです。

みなさんが、吠える犬のしつけでは、その犬についてしっかりと納得しつつ、開始しなければいけないと思います。飼い主にとっては大切な対処法です。
しつけをする時の行為ですが、どんなことがあってもポメラニアンに体罰を与えるようなことをしてはだめです。怯えるようになって、人間に対して心を閉ざしてしまうようになって寄り付かなくなるとのことです。
ふつう、油断していると無駄吠え行為が増えてしまうミニチュアダックスフンドだろうと、ちゃんとしつけを行うと、無駄吠えの問題行動を減少させていくことが可能になります。
子犬時代に、適切に甘噛みすることは許されないというしつけを受けなかった愛犬などは、成長期を過ぎても何らかの原因で軽めに噛むような行為が始まるようになるそうです。
大抵の場合、大人の歯が生えそろう成長期にある子犬は、すごく元気いっぱいみたいです。その最中にしっかりとしつけをするのがベストです。

決まったものに対して恐れを抱いていてそれで吠える行為が引き起こされた場合、おそらく恐怖心の元を取り除いたら、無駄吠えなどは止めるのも難しくありません。
時には、トイレで用を足すのに影響する病気を持っていないか、動物病院に相談して定期的にチェックすることなども必要でしょう。病気にさせないことは犬のしつけ行為の肝心な点です。
何年か前までは、しつけができるまでは吠える、あるいは噛む、に悩んでいました。愛情を注いでいるペットが、自分に対して吠えるばかりか噛みついてくる、すごく悲しい日々でした。
基本のしつけが行われていないと、散歩をしながら主人を引っ張ったり何かに向かって吠えたり、トラブルが多々出てくるでしょう。そういう問題行動をするのは、愛犬との主従関係が誤って築かれているからです。
正しい手法を使ってしつけることが重要でしょう。基本的に、ミニチュアダックスフンドのしつけにについて覚えておいてほしいことは、イタズラが大好きな性質などを、出来る限り知ろうとすることみたいです。

-未分類

Copyright© 犬のきもち , 2017 AllRights Reserved.